俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

一瞬の光りの闇やはだしのゲンの最掲

作者 腹井壮  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

よしはむさん、貴重な御意見有り難うございます。

はだしのゲンの存在がそこまで薄いとは存じ上げませんでした。
これでは仮に季語の仲間入りをしてもすぐに絶滅季語種に仲間入りしそうですね。

これからも御意見やアドバイスをよろしくお願いいたします。

あ~すけさん、いつもお世話になります。

季語派と季題派の言い分は難し過ぎてどちらが正しいのかわかりかねます。

ただ、西瓜を夏の季語に移行するような大胆な事をするなら膨大な日本語の中から季語になりうる言葉を拾い上げてもいいのではないかと思います。沢山の名句で詠まれているという基準ではなく。

はだしのゲン式典脇のプラカード

東京新聞の平和の俳句に投稿してみたくなる句です。お上手だと思います。

はだしのゲン知る子も徐々に減りにけり

こちらも 降る雪や明治は遠くなりにけり の本歌取りがうまく効いていると思いました。

最新の添削

義弟と橋の向こうへはだしのゲン

回答者 ハオニー

お初にお目にかかりますハオニーです

「はだしのゲン」というワンフレーズで、一瞬の光の闇の正体が「原爆なのかもしれない」とは想像できます
しかし同時に、映画「はだしのゲン」のエンドロールのシーンか?とも思いました

手直しの句に、わたしも「はだしのゲン」を季語・季題として一句掲載しました

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

シルク舞う巣立ちの歌にワンピース

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

綿毛吹きともに飛んでくシャボン玉

作者名 くまた 回答数 : 1

投稿日時:

ボツの句の山に我が句も雨水の日

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『一瞬の光りの闇やはだしのゲンの最掲』 作者: 腹井壮
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ