俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

吾子の手にフウセンカズラひらく秋

作者 たもと  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

幼児の頃、園庭のフウセンカズラをひらいて種を取り出し、遊んでいたことを懐かしんだ句です。
子供っぽさを演出するために中七はカタカナにしてみましたが、漢字の方が風流な気もして悩みどころです。

以前の句にコメントをくださった方、誠にありがとうございます。素敵な添削で大変勉強になりました。

今後も精進しますので、感想や添削など頂けると幸いです。

最新の添削

「吾子の手にフウセンカズラひらく秋」の批評

回答者 そうり

たもと様
はじめまして。よろしくお願いします。いい思い出ですね。映像もハッキリ浮かびます。参考に、こんなふうに詠んでみました。
吾子の手の風船カズラ口あける
カズラだけかたかなにして、袋を開け種を取る描写を「口あける」としてみましたが、、、、。お目汚しかな、、、、?失礼しました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

吾子の手に風船葛ひらきけり

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

映像がハッキリ浮かぶ良い句だと思います。
風船葛は漢字かひらがなの方がいいと思います。お子さんは登場しますが、吾子とあり、大人目線ですから。
季重なりなのでそれを外してみました。

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

吾子の手にふうせんかづらひらきをり

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

今日は👋😃
わこさんの添削、良いと思います(*^^*)👍
「けり」を「をり」にすると優しい感じになると思います。
幼さを出すために平仮名を使いました。

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秘密基地赤外線に光るあせ

作者名 かいこ 回答数 : 3

投稿日時:

風花の頑張らないでと清く柔く

作者名 月野しづく 回答数 : 5

投稿日時:

梅の香や瞼のほそき如来像

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『吾子の手にフウセンカズラひらく秋』 作者: たもと
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ