俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ガマを這う溽暑や火炎放射器痕

作者 南風の記憶  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

超初心者の頃に詠んだ句を、推敲してみました。

※ガマ=沖縄の方言で、自然にできた洞窟のこと。戦時中は、日本軍の地下壕や住民の避難場所として使われた。

最新の添削

いろいろと思ひ量れる冬の洞窟

回答者 游歩人

17文字では全て言い尽くせないので後書きを一緒に投句すればよい。
いろいろと思ひ量れる冬の洞窟␣␣␣␣␣␣沖縄の洞窟にて
但し、手直しした俳句の所ではスペース文字は認識しないようです。
推然の句に「芭蕉翁の別れを見送りて」と前置きがしてあり
「別るゝや柿喰ながら坂の上」 との句があり

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、游歩人さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ガマを這う溽暑や火炎放射器痕」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

南風の記憶さま
かなりマニアックな句で、ガマを蒲のことかと思い、読み下しました。(苦笑)

解説が必要な句をどう評価すべきかは、私の経験値の外ですので、夏のお題に期待をかけるか、「ガマ」に市民権を与える運動が必要かと存じます。

ガマは自然に出来たもの、痕は人為的に出来たものですよね?
矛盾めいた思いがよぎったのですが、。
未知の領域ですので、句意の解説をもう少し詳しくお願いいたします。

ガマ、もしかして私以外は皆様ご存知?でしたら不勉強すみません😢⤵️⤵️

ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

時雨かな流るゝ季節去る茜

作者名 いぶき 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

母の日の肩たたき券色褪せて

作者名 ろっこ 回答数 : 4

投稿日時:

陶房の土間のでこぼこ梅雨最中

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ガマを這う溽暑や火炎放射器痕』 作者: 南風の記憶
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ