俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

指先の痺るやスキー場のカレー

作者 IZMIN  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お題「冬の山」に合わせて、スキー場に行った時の情景を句にしました。
よろしくお願いします。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「指先の痺るやスキー場のカレー」の批評

回答者 平果

句の評価:
★★★★★

カレーを召し上がる時になって、指の痺れに気付いたのですね。それに気付かぬほどに、スキーに熱中していたことが想像されるのが実にいいですね。「楽しい」とか「面白い」とか「夢中」といった感情を表す言葉を用いずに、そういった気持ちを表現するのは如何にも俳句らしいと思います。
また、スキー場と言えばカレーという定番をおさえることで、情景を思い浮かべやすくなっているのもいいですね。あの寒さの中で、ホッと一息つきながら食べるカレーの辛さ旨さ有り難さ。共感できます。

点数: 1

添削のお礼として、平果さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ラジオ体操おどり櫓に響くこえ

作者名 いなだはまち 回答数 : 2

投稿日時:

霜の夜の破れかけたる辞典かな

作者名 あらちゃん 回答数 : 3

投稿日時:

岨道の喘ぎ忘れるこの泉

作者名 中村あつこ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『指先の痺るやスキー場のカレー』 作者: IZMIN
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ