俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

禿頭にそつと乗せたり冬帽子

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

防寒着の一種

最新の添削

「禿頭にそつと乗せたり冬帽子」の批評

回答者 平果

和やかな句ですね!

禿頭に冬帽子はいかにも暖かそうな景が立ちますね。老爺の穏やかな笑顔まで浮かんでくるようです。
また、「とくとうにそつと」と「と」の音が連続する点、あるいは「のせたり」の「た」も含めてタ行音が続く点が面白いですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、平果さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

機関車の汽笛するどく末黒野へ

作者名 げばげば 回答数 : 4

投稿日時:

それぞれの叡智を探る夏の夜

作者名 優子 回答数 : 2

投稿日時:

梅雨夕焼け血浴ぶ桜のエンブレム

作者名 つちや郷里 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『禿頭にそつと乗せたり冬帽子』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ