俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

糠床を冬眠させて春を待つ

作者 大泉洋二郎  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季重なりでも何でも自由に詠む権利は保証されていると考えます。
料理の旨さも音楽の心地好さも理屈じゃなくて本人が感じることです。
俳句も同じと今後も考えて取り組む所存でございます。
ここに晒した以上批評する権利も当然保証されなければなりませんがね。
前説長すぎ失礼しました。
前説も十七音で済ませたいところです。

最新の添削

「糠床を冬眠させて春を待つ」の批評

回答者 かぬまっこ

今日は👋😃
糠床をいつも駄目にしてしまう、かぬまっこです。
しかしながら、糠床は冬眠するのでしょうか❔毎日かき混ぜて新しい空気を入れないと駄目です。冬眠させるということは野菜を漬けないでおくということなのかな…。とはいっても、かき混ぜないと腐りますよ。

🔷糠床をかき混ぜかきまぜ春を待つ

しかしながら、動詞が多いかも…。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

古米匂うカードに嘔吐爺傷つく

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

閃光や初夏の川面に聖橋

作者名 根津C太 回答数 : 3

投稿日時:

命名の揮毫を終へて涼新た

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『糠床を冬眠させて春を待つ』 作者: 大泉洋二郎
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ