俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

畦道の影もくねくね峡冬田

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

冬近し。もう冬ですね。影が短日と共に長くなりました。棚田の畦道です。

最新の添削

「畦道の影もくねくね峡冬田」の批評

回答者 菊花

こんばんは怖い話はめっぽう苦手な菊花です😱💦💦もう、二行くらいで、怖くなって読み進められません😢
拙句にご感想ありがとうございました。季重なり…そうですよね。またやってしまいました。それと、頬かむりですね🙇💦
棚田ではありませんが、山合の田んぼは四角く区画整理?していないので、いびつな田んぼばかりです。畦も当然くねくねです。我が家のまわりもそんな田んぼばかり。とても身近に感じました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、菊花さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「畦道の影もくねくね峡冬田」の批評

回答者 丼上秋葵

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
お陰さまで、熱は無事下がりました!
…が、御句を読んで、
全身の寒気がとまらない、おくらです。

恐縮ながら、御句「くねくね」の句に、感想を述べさせていただきます。

失礼ですが、確認させてください。
投句されたのは、いつも私と会話して下さっている千日草様ですよね…?
もしご本人様なら、怪談好きのおくらに忖度して下さったのでしょうか?

「冬峡田」の句と呼ばずに「くねくね」の句と呼ばせていただいたのには、理由があります。

「くねくね」にまつわる怖い話
https://matome.naver.jp/m/odai/2134458157478221801
参考:NAVERまとめ

一応、読み手である私の頭を真っ白に初期化した上で、御句を読ませていただきますと、【冬枯れの田んぼに畦道の影がくねくねと伸びている】と解釈できるのですが、助詞の「も」がすごく気になります💦「畦道」以外に、何が「くねくね」していたのでしょうか?

二日前の夜、私が詠んだ「お風呂場の鏡」の句が実際に現実化してしまい、早々にお風呂をあがることになってしまうという、恐怖体験をしました。が、それを上回る恐怖です。ここ最近で、一番、顔が強張りました。

質問へのご回答をお待ちしております💦

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

質問にお答え下さり感謝です

回答者 丼上秋葵

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
会社の親睦会で満身創痍の、おくらです💦

なるほどですね💦
ご回答をお聞きし、納得いたしました。
そして、すごく安心しました。
丁寧なご返信を、ありがとうございます!

「くねくね」は、2ちゃんねる全盛の時代に、『洒落にならないくらい怖い話を集めてみない?』というスレッドが立ちまして、津々浦々の怖い話が匿名の方から投稿されました。その中でも、殿堂入りした選りすぐりの怪談であり、私の創作ではありません。まとめサイトも他の方が作ったものを、引用させていただいております。

恐縮ながら、改めて、御句に感想を述べさせていただきます。

【冬枯れした棚田の畦道にのびる影】の景は、しっかりと浮かんできます。駄句だとは思いません。

御句をフラットな気持ちで味読させていただくと、【草木の枯れた世界を背景に、詠み手の目の前にくねくねとのびる影は、〈くねくね〉とした〈生ある者の、死に対する本能的な不安〉と重なり合う】、やはりどこか不気味な印象がぬぐえない句だと感じました。

詠み手が歩いている道も「くねくね」と先に続いている。それもやはり、少し怖い気がします。

なんだか、気持ち悪い感じの感想になってしまい、大変申し訳ございませんでした💦

ただ、千日草様がいつもの千日草様で、ほっとしました。

今後とも、ご指導・ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

生きること車窓の鏡冷えびえと

作者名 晴峯旬草 回答数 : 2

投稿日時:

春目覚め尻に唇寄せ舐めゲイ

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

栗おこわぎっしり詰めてと目で合図

作者名 04422 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『畦道の影もくねくね峡冬田』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ