俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

老いてより往く道中や五里霧中

作者 日野寅馬  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

私は間もなく九十三才さて、何処へ往くのやら?

最新の添削

「老いてより往く道中や五里霧中」の批評

回答者 一本勝負の悠

こんばんは、七十四歳の若造、悠と申します。m(._.)m 添削ではありませんが ・老半ば十里四方の濃霧かな/ よろしくお願い申し上げます😅

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、一本勝負の悠さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「老いてより往く道中や五里霧中」の批評

回答者 平果

句の評価:
★★★★★

「五里霧中」という言葉には、判断がつかずに如何に生きればいいのか分からないというマイナスな印象がありますが、果たしてこの句も、分からないことへの苦しみを嘆いたものなのでしょうか。
その問にはっきりとした答えを与えられる要素を、私は十九音の中に求めることが出来ませんでした。だから、これは私の読解ではなく、願望です。「五里霧中をお楽しみなっていてほしい」と、そう願います。
「老いてより」とあり、お若い頃は御自身の判断で道を切り拓かれたことが想像されます。それはきっと楽しい日々であったのでしょうね。
そのような日々とは異なるものであっても尚、五里霧中を楽しんでほしいと思います。句外のことになってしまいますが、コメントにて「さて、何処へ往くのやら?」と書かれているところには、お楽しみになっているような様子も感じました。
卒寿を越えられた方の御心境は、私のような若造に掴み得るものではありませんが、それがどのようなものか、貴句を通して味わうことができたらと思っております。

点数: 2

添削のお礼として、平果さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

黒日傘閉じて合掌母逝けり

作者名 村山陽子 回答数 : 6

投稿日時:

常温のコップ酒かな九月かな

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

水音の岩より岩へ初紅葉

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『老いてより往く道中や五里霧中』 作者: 日野寅馬
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ