俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

松毬落ち跳ねて転がり近づきぬ

作者 大泉洋二郎  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お題以外で初投句させていただきます。
散歩をしておりましたら目の前に松毬が落ちてきました。
動詞ばかり四つですが成り立ちますでしょうか。

最新の添削

葱千本冬田に氷る霜夜かな

回答者 一本勝負の悠

この添削道場の別館俳句クラブで、以前おなじような試みをしたことがあります。 お暇な時にどうぞ☺ 俳句クラブ https://weblike-tennsaku.ssl-lolipop.jp/haizinn/haikus/thread/229

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、一本勝負の悠さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「松毬落ち跳ねて転がり近づきぬ」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

ご丁寧なコメントありがとうございます。
季語「時雨」を良く読んでみてください。朝時雨をはじめ傍題は数多くあります。
通り雨みたいなもの。距離感や切れ「や」は読み手がどう判断するかです。詠み手は
立ち話を中断されて事に興をそがれた事に残念の意思があったから「や」で強調した次第です。大泉様には伝わらなかったようですね。残念です・・・😢
僕の句力のなさでしょう。勉強になりました。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

里山を切り取る窓や渡り鳥

作者名 鈴屋いるか 回答数 : 4

投稿日時:

かわせみゃ祭り太鼓の高き音

作者名 さつき 回答数 : 4

投稿日時:

ばらいろのはなびら散らす夜の雨

作者名 佐渡 回答数 : 9

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『松毬落ち跳ねて転がり近づきぬ』 作者: 大泉洋二郎
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ