俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋しぐれ墓に呑ませる二合瓶

作者 一本勝負の悠  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

来年は親父の歳。。

最新の添削

「秋しぐれ墓に呑ませる二合瓶」の批評

回答者 大泉洋二郎

大泉洋二郎です。
添削ありがとうごさいます。現実の世界で色々な場面設定ができることを学びました。ありがとうございます。
秋時雨は難しい季語だと実感いたしました。
またよろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、大泉洋二郎さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋しぐれ墓に呑ませる二合瓶」の批評

回答者 丼上秋葵

句の評価:
★★★★★

こんにちは!

恐縮ながら、感想を述べさせていただきます。

「秋時雨」が持つ〈もの悲しげ〉なイメージと詠み手の故人に対する思いが重なり、とても味わい深い句になっていると感じました。

詠み手が「墓」に「二合瓶」の酒を注いでいるところに、「秋時雨」が継ぎ足してくれるように降り始め…。まるで、空までも詠み手と一緒に故人を悼んでくれているような、物憂げな情景が浮かびました。「曼珠沙華」の句同様、とても詩的な句だと感じました。

勉強になります!

点数: 2

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋しぐれ墓に呑ませる二合瓶」の批評

回答者 菊花

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
お父様それともご友人でしょうか。「墓に呑ませる」…お酒が好きだった義父の墓に参ると、いつも夫はカップ酒を供えています。その姿と重なりました。生意気ですが、いい句だなぁとしみじみしました。

点数: 1

添削のお礼として、菊花さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋しぐれ墓に呑ませる二合瓶」の批評

回答者 和光

句の評価:
★★★★★

こんにちは。コメントありがとうございました。タクシーの句はまともに読むと散文ですね。もう一捻りしないと句意は伝わらないと思いました✏最近は言葉は悪いですが裾野が広がってます。受け皿が有るうちは良しです。掲句は昨日亡き父の月命日でした。やはり70代半ばでした。酒と煙草は底無しでした。私は母親似⁉で全くです🙏🍀🌅

点数: 1

添削のお礼として、和光さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋しぐれ墓に呑ませる二合瓶」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
ご箴言ありがとうございます。素直に受け止めてはいますが、なかなか思う様に句作出来ません。
おくら様のコメントで揚句の意味が分かりました。コメントできないで申し訳ございません。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋しぐれ墓に呑ませる二合瓶」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
ありがとうございます。おっしゃる通りですね。切れを二回も使うとは・・・😢
素直に認めます。
揚句雰囲気がとても良いです。秋時雨でお酒の味は薄まってちょっと可哀想に思います。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅雨入りの兆し予報に傘マーク

作者名 孫春艶 回答数 : 0

投稿日時:

薮蘭の優しき色に和む我

作者名 秋恵 回答数 : 2

投稿日時:

小銭入れ開かぬ人や秋の声

作者名 かこ 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋しぐれ墓に呑ませる二合瓶』 作者: 一本勝負の悠
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ