俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

拙い手編んではほどく秋灯下

作者 菊花  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夜長にマフラーでも編もうかと、毛糸編みを始めましたがなかなか上達しません。編んではほどくを繰り返しています。「拙い手」が何か他にないかと思いますが、思い付かなくて少し残念です。

最新の添削

誰が為に編んではほどく秋灯火

回答者 丼上秋葵

こんにちは! おくらと申します。

恐縮ながら、御句「手編」の句に感想を述べさせていただきます。

「秋灯」の柔らかな光の下、「編む」ときたら、大体の読み手は毛糸の手編み、もしくは、籠編みを想像するであろうかと思います。
御句は「編んで」は「ほどく」とあるので、
さらに毛糸の手編みをイメージし易い選語になっていると思います。籠編みだと「くずす」になるのかな、と考えるからです。

だとすれば、「秋灯下」に「編む」と詠まれた時点で〈手編みであること〉は察することができ、かつ、「編んではほどく」という描写自体から〈拙さ〉や〈不器用さ〉が伝わってくるのでは、と感じました。

そこで、手をわざわざ描写し直すよりも、編み手(読み手)の心情をよりクローズアップしてみては、と発想を広げてみたのが、提案句です。

最初は「君が為」を思い付いたのですが、ややありがちな恋愛句になってしまいそうなこと、また、ただひたすら編み物に没頭しているだけかも知れない詠み手の気持ちを尊重する為に「誰が為に」としてみました。

少しでもご参考になれば、幸いです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「拙い手編んではほどく秋灯下」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
拙句「茶の花」にコメントありがとうございます。
「清か」では季重なりとなりますので「清し」に訂正してください。
ご迷惑をおかけしました。
菊花様は和歌も詠まれる歌人ですね。素晴らしいです。
◆不器用で編んではほどく秋灯下
拙い手を変えてみました。どうでしょうか?
今後もよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

遠くまで信号は青風薫る

作者名 ふり 回答数 : 5

投稿日時:

節分や妻の追撃ありまして

作者名 イサク 回答数 : 14

投稿日時:

索道の天に向かうや朴の花

作者名 さつき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『拙い手編んではほどく秋灯下』 作者: 菊花
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ