俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋晴や服の乾いた御飯粒

作者 和光  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。東京俳壇の没句です。俳句然としてる句より少し主張がフラット化してる句が選ばれてる気がします。あくまで主観ですが。。

最新の添削

「秋晴や服の乾いた御飯粒」の批評

回答者 丼上秋葵

なるほどですね! 
御句「赤提灯」の句意、感得いたしました。切れ字の「や」をどこに入れるのかと思ったのですが、それならば納得です。私の読力不足で句意を汲みきれず、失礼いたしました💦

◆秋時雨予定にくみて赤提灯

秋時雨を予定に決めていたという詠み手の能動性を尊重するなら、受動的な「予定となりて」よりも「予定にくみて」の方がよいのではと思うのですが、いかがでしょうか? 予定を組む、雨水を汲む、酒を酌むという響きの親和性も出るかと思います。

「ご飯粒」の句は、原句のままでも私には無い視点の在り方を感じられ、とても勉強になりました。私の句はどうしても単調になりがちなので、普段からこういった小さな物事を見逃さぬよう努めていこうと思います!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

秋晴や服に乾いたご飯粒

回答者 丼上秋葵

句の評価:
★★★★★

はじめまして! おくらと申します。

拙句「赤提灯」の句にご批評くださり、ありがとうございます!
提案して下さった句は、たとえ冷たい秋時雨に邪魔をされようと予定は変えん! 断固呑みに行く…!! という句意でよろしいでしょうか? 「秋時雨」の〈煩わしさ〉も吹き飛ばす、漢らしい詠みですね!

恐縮ながら御句「秋晴」の句に、感想を述べさせていただきます。

私個人としては一目、とても爽やかさが感じられる気持ちのいい句だと思いました。

「ご飯粒」に〈実りの秋〉の嬉しさをにじませながら、それが「乾く」ほどのカラッとした「秋晴」、天高く広がる青空の映像に、詠み手の喜び・爽快感が感じ取れます。

強いてもったいないなと思う点があるとすれば、助詞の「の」でしょうか? 

「服『の』乾いたご飯粒」と詠まれたことで、読み手が最後に思い浮かべる情景が「乾いたご飯粒」に焦点化されてしまい、主役であるべき季語である「秋晴」がはるか後方に追われてしまっている気がします。そこを「服『に』乾いたご飯粒」とすれば、〈ご飯粒の付いた乾いた服を着た人物〉が情景の中に残り、その人物は「秋晴」の中、どういう気持ちなのだろう? という想像の余地が生まれるのでは、と考えました。

少しでもご参考になれば、幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬野菜作って食べて散歩する

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

ファゴットに寄り添ふ君はたけのこか

作者名 丼上秋葵 回答数 : 0

投稿日時:

花冷えやこども食堂汁熱く

作者名 ケント 回答数 : 11

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋晴や服の乾いた御飯粒』 作者: 和光
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ