俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

三寒四温家族葬から社葬まで

作者 腹井壮  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

どうも皆様こんばんわ。いつも御世話になります。句会で3ヶ月ぶりに出席されたお気に入りの人妻さんにお会いして上機嫌の腹井壮でございます。しかも今月は初句会ですからなんとも縁起がいいですね。

さて昨年の春の事です。仕事でよく通る道の電柱に葬儀会社の看板が貼ってあり「各種葬儀承ります」などと書いてありました。即興で自分は

うららかやペット葬から社葬まで

と詠みましたがあまりにもおふざけが過ぎました。

うららかや家族葬から社葬まで

春近し家族葬から社葬まで

そして心臓に負担がかかり易くもしかしたら突然の体調不良により死ぬ人が増える季節かもしれないと思い掲句に到った次第です。

それでは御意見や添削案を宜しくお願いいたします。

最新の添削

「三寒四温家族葬から社葬まで」の批評

回答者 かぬまっこ

おはようございます👋😃☀私の冬の月の句へコメントありがとうございました✨また、恋句コンテストのお知らせありがとうございました✨元気が出てきました(*^^*)🎶

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「三寒四温家族葬から社葬まで」の批評

回答者 白井 百合子

腹胃壮さんこんばんは。
腹胃壮さんのコメントを読んでいると小説を読んでいるような気持ちになります。
近所でも家族葬がたいへん多くなりました。
私も終活ノートに書いておきたいと思っています。

点数: 1

添削のお礼として、白井 百合子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

逃げ水の追いつけぬままセナ逝きぬ

作者名 いなだはまち 回答数 : 0

投稿日時:

鯖雲や赤白数ふ園児の輪

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

冷めた生姜湯カラス鳴き朝と知る

作者名 勿忘草 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『三寒四温家族葬から社葬まで』 作者: 腹井壮
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ