俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

着信の曲を開くや小鳥来る

作者 一本勝負の悠  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

2019-9-29
東京俳壇

一席

◎封筒の窓のセロファン小鳥来る
鮎子

選 石田郷子

秋になると山地や北方から渡って来る小鳥たち。
郵便受けに届いた宛名の部分が窓になっている封筒。

清涼感のある取合せだ。

凄いぜ、四連覇🎶

おめでとうございます\(^_^)/

最新の添削

着信の曲を開くや小鳥来るの批評

回答者 ポール

ガラケーつこてんのオタクくらいとちゃいます?確か、読者に委ねてなんぼと言うてましたよね?オタクの流儀から外れとりますよ。私も曲を開くやはおかしいと思いました。

点数: 3

添削のお礼として、ポールさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「着信の曲を開くや小鳥来る」の批評

回答者 たけたけ

ありがとうございます。
運を使い果たした気分です…。
良い記念になりました🐤
相変わらず、新聞が手に入らないので実感湧かないのですが…💧
教えてくださって、ありがとうございます😌

点数: 1

添削のお礼として、たけたけさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

巣立ち鳥見守る灯台日和山

作者名 藤川愛子 回答数 : 2

投稿日時:

月をして秘めたる水面照らされず

作者名 池田らいてふ 回答数 : 5

投稿日時:

要望:厳しくしてください

春の磯蟹や童心忘れじと

作者名 土屋 羊子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『着信の曲を開くや小鳥来る』 作者: 一本勝負の悠
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ