俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

8メートルの真鯉見上げ家主笑む

作者 染井吉野  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ご無沙汰しております。世間はGWですね。毎日天気がよくて気持ちがよいです。
先日、偶然余所のお庭で大きな鯉のぼりを見ました。今時珍しい、自宅のお庭に大きな大きな鯉のぼりです。何でも真鯉の全長は8メートルだとか。惚れ惚れとしてしまいました。そしてその鯉のぼりの下に椅子を出して見つめる家主さん。誇らしげな視線がとても印象的でしたので詠んでみました。よろしくお願いいたします。

最新の添削

「8メートルの真鯉見上げ家主笑む」の批評

回答者 ハオニー

これでは「こいのぼり」と言わなかったがために、実際の生き物である鯉を想像されてしまいます

8メートルの真鯉を見上げるということは、その「家主」が真鯉をクレーンで宙吊りにして見上げているのか?
などと、よく分からないことになります

作者が勘違いさせていると読み手が気づいたとき、この句には感動というよりは肩透かしな印象を受けます

「8メートルの鯉のぼり」と言うのが一番です
「大きな鯉のぼり」とすると、言いたかったことが言えませんからね

言う必要がないのは、「見上げ」です
鯉のぼりは空で風に吹かれているのが皆さんの想像しやすい姿です
わざわざ言わなくていいのです

「家主笑む」も本当に欲しいのかは疑問です
私なら、「ああ、こんな立派な鯉のぼりをあげるなんてすごい」と思わせるよう努力します
それなら、鯉のぼりの持ち主はきっと誇らしげに笑うでしょうから

空飲み込む8メートルの五月鯉

季語は「鯉のぼり」ではなく「五月鯉」を選びました
「鯉のぼり」も「五月鯉」も同じものを指す言葉ですが、ニュアンスが少しだけ違うのです
今回、「8メートル」とあるので「五月鯉」という数字の入った季語を用いてみました

鯉のぼりを見て、それから家主を見ると、主役であるはずの鯉のぼりが主役に見えなくなるのです
主役を綺麗に切り取ってこそ、凛々しい俳句となれるのです

点数: 3

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「8メートルの真鯉見上げ家主笑む」の批評

回答者 弥平

こんにちは、通りがかりの者です。
この句に関連して、俳句のテーマで美的でないものは
どこまで許されるのかと私は悩んでいます。
嫌い、憎らしい、悔しい、残念無念、今に見ていろ、おごり
の感情を俳句にするのはいけませんか。
恨みの程度が強くなく、人情として出る程度でもダメですか。
そんな感情表現は川柳に持ってけですか。 自句の例で、
「にくらしい朽ちぬ落ち葉や泰山木」
泰山木の落ち葉は朽ちずカラカラ始末に悪い。徹底的に除去するは面倒。
「住職の悔しさありて牡丹園」
この寺は格が低いと先代住職は悔しがる。
「かの寺は藩の行政の一部を担った程で格が高い」
幸い敷地が広いので花で寺を有名にせんとの決意。

点数: 0

添削のお礼として、弥平さんの俳句の感想を書いてください >>

「8メートルの真鯉見上げ家主笑む」の批評

回答者 弥平

藤田湘子著「新20週俳句入門」に一つの回答がありました。
低俗愚劣な感情は俳句の材料にならないと断言し、
例句「赤い羽根さけて通れり駅近く」を評して、
これは詩ではない。俗情だ。俳句は詩であり韻文であるべき
とのこと。私は今後、先ほどの私の例句二つを含めて、
計らまいとも何らかの笑いを期待する句は俳句に投稿しません。

点数: 0

添削のお礼として、弥平さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

節分や巻物並ぶ晩御飯

作者名 ささゆみ 回答数 : 1

投稿日時:

星月夜ワイングラスに紅のあと

作者名 コウ 回答数 : 2

投稿日時:

吾と君の間を抜ける胡蝶かな

作者名 いくたドロップ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『8メートルの真鯉見上げ家主笑む』 作者: 染井吉野
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ