俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

敷き布団を作りたし秋の雲たかし

作者 田中喜美子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

少し涼しくなってきましたね。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

綿入れをまた作らむやひつじ雲

回答者 いなだはまち

お世話です。

作句に工夫を感じました。
「し」の韻を踏まれたのですね!
俳句作りを楽しまれているお姿が、目に浮かぶようです。

田中さまのお気持ちを考えて、私なりの提案をさせて頂きます。
この雲は、ひつじ雲だとして。

また、宜しくお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

風薫る子らや裏路地朝八時

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

要望:褒めてください

あかときに蓮華音たて香りたて

作者名 村山陽子 回答数 : 3

投稿日時:

苦しみは草の古きと山茶花の

作者名 こま爺 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『敷き布団を作りたし秋の雲たかし』 作者: 田中喜美子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ