俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

いねがての枕に聞くや落し水

作者 一本勝負の悠  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

暁さんより、飛入り句会へ、落し水の季語で一句頂きました。 ◆ 落し水/おとしみず/おとしみづ
仲秋
 

田水を落す/水落す/堰外す
 
稲穂が垂れ始めたころ、水口を塞ぎ、田の尻の畦を切り、その成長に不要となった水を落とす。そうして刈入に備え田を干す。落ち行く水音に、しみじみとした秋を覚える。

阿武隈や五十四郡のおとし水
蕪村 「落日庵句集」
村々の寝ごころ更けぬ落し水
蕪村 「蕪村句集」
藪越えて鼬わたれり落し水
亀六 「秋の夜」
水落ちて田面をはしる鼠かな
蝶夢 「草根発句集」
泥亀の流れ出でたり落し水
夏目漱石 「漱石俳句集」
落し水静かにきけば二つとも
西山泊雲 「ホトトギス誌雑詠選集」
水落し来て子の間に寝まるなり
久米三汀 「返り花」
田から田の段々水を落しけり
室生犀星 「魚眠洞発句集」
稲妻に水落しゐる男かな
村上鬼城 「定本鬼城句集」
私にとって初めての季語でした。ありがとうございましたm(._.)m

最新の添削

「いねがての枕に聞くや落し水」の批評

回答者 鳥越暁

拙句「ぼろぼろの・・・」への添削句ありがとうございます。
自分でも只事と思っている句に留意、添削いただきありがたく思います。
蝶が歩むとすると、妙に生々しくなるものだと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「いねがての枕に聞くや落し水」の批評

回答者 鳥越暁

不勉強ゆえに「いねがて」が分かりませんでした。調べて、なるほどと。
すると「落し水」の音が涼を運んできてくれるような気分になりました。
私の辞書に「いねがて」追加です(笑) 感謝いたします。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

街道は老松多し秋の雲

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

暑き日や煮付けの味の決まるまで

作者名 豆柴 回答数 : 1

投稿日時:

涼み園寄り添う二人椅子一つ

作者名 胡 秋興 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『いねがての枕に聞くや落し水』 作者: 一本勝負の悠
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ