俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

かなかなとつくつくと秋に入る

作者 鳥越暁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

あっと言う間に季節は移ろいますね

最新の添削

「かなかなとつくつくと秋に入る」の批評

回答者 素一

こんばんは!
何と下品な句が横行しているのでしょうか?情けないです。ある程度の常識も通じないこの添削道場があるのですね。
知らない間に秋の気配。しかし、猛暑日の連続。そんな時にほっとする御句に出会えました。
◆かなかなとつくつくと鳴き秋に入る
一応添削句にしてみました。

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

お遍路や仁淀ブルーが映える秋

作者名 これさん 回答数 : 4

投稿日時:

初秋刀魚備長炭のめらめらと

作者名 藤井茂 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

夏祭り錆びたナイフに映る影

作者名 和光 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『かなかなとつくつくと秋に入る』 作者: 鳥越暁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ