俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鮟鱇鍋煮返すほどの未練かな

作者 すがりとおる  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

御批評・添削宜しくお願い致します。

最新の添削

「鮟鱇鍋煮返すほどの未練かな」の批評

回答者 ハオニー

なんだか分かる気がする作品ですね
私には出来ないタイプの句です

下手に映像を描こうとすると、こういう作品は気持ちが伝わらなくなります

「ほど」という直喩を使って季語の鮮度を落としてはいますが、そこに強烈な詩を生み出すことで季語をむしろ活かしています

俳句における比喩はこのように使うものだと、学ばせていただきました
ありがとうございます

点数: 2

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「鮟鱇鍋煮返すほどの未練かな」の批評

回答者 腹井壮

西村敏彦さん、こんばんわ。

凄みのある大人の句ですね。鮟鱇は吊るされ皮を剥がされバラバラにされて煮られる。さらに返される。だけど程の未練なんですよね。自分は季重なりを回避する以外は如しとか何とかのようなみたいな中途半端な比喩を使わないのですがこの句はやはり程が効いているようです。

自分なら

鮟鱇鍋眼鏡が曇る未練かな

位に抑えますね。

西村敏彦さんらしいとてもいい句だと思います。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

咲くよりも散るに力の山ざくら

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

タップして人それぞれに蓮の蓮

作者名 こま爺 回答数 : 0

投稿日時:

虫の音なく夜に気にし出れば初の夏

作者名 夏COM 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鮟鱇鍋煮返すほどの未練かな』 作者: すがりとおる
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ