俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

喪返しの菓子ほろほろと夕端居

作者 たけたけ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

オノマトペ…を初めて使ってみました。
季語はきいているのかどうか自分では判断できませんでした😖

最新の添削

「喪返しの菓子ほろほろと夕端居」の批評

回答者 04422

おはようございます!
竹内様には全く関係ありません。今まで通りの添削道場でのお付き合いお願いします。
気にしないでください。
折角この道場で出会えた仲間ではないですか。今後も宜しくお付き合いの程をお願いします。
ただ、私への書き込みが道場にしてはひどいだけです。
大体同じ頃に始めた大切な仲間として大切に思っています。
今後もよろしくお願いします。一向に進歩しませんが・・・
揚句は良い句だと思いますが、鳥越暁様のおっしゃっている様に上五の言葉が気になりました。
拙句については竹内様の想像していただいた通りです。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

竹内様へ

回答者 パクリマン

おはようございます。
竹内様にはなんの怨みもございません。お気を悪くされては申し訳ありませんので、予め断っておきます。
日頃から貴方様の才能には目を見張るものがございます。句も楽しみに拝見致しております。
当道場に、以前は互いに切磋琢磨する場でありました。はぐれ雲、悠次郎氏が現れ、過激な書き込みを行ったこと、それが全てではないと思いますが、道場が荒れてしまった要因の一つでしょう。
はぐれ雲氏は、俳句における知識、熱量等、優れている部分も見受けられますが、人間性や性格は執拗的であり、攻撃性を帯びているのも確かです。
現に、今までの経緯からして、はぐれ雲氏とまともに付き合っているのは竹内様だけであり、その様子を不快な思いで見ている方々も少なからずいることでしょう。
竹内様には、大変申し上げにくいのですが、はぐれ雲氏と俳友として直接やりとりをしては、いかがてすか?
はぐれ雲氏のAmebaブログに俳句一本勝負というものがあります。私も読書の一人でした。とても勉強になるブログです。
今の道場の状況を鑑みれば、一番最適な選択肢だと思います。
昨晩チャットでハオニー様とお話しする機会がありました。竹内様もハオニー様の道場への降臨を心待ちにしていることでしょう。
それには、はぐれ雲氏の暴走を止めなければなりません。鳥越暁様の句を挑発しながら自分の句にすると宣言したり、怒りに任せて、他の方々の書き込みに当たり散らしたり、これらを止められるのは竹内様しかいないのです。
長文になってしまいました。この句の感想はまた致しますので、どうか御決断を宜しくお願い致します。

点数: 5

添削のお礼として、パクリマンさんの俳句の感想を書いてください >>

「喪返しの菓子ほろほろと夕端居」の批評

回答者 04422

こんばんは!
竹内様の自由な選択ですから口出しするのははばかれますが、添削道場を滅茶苦茶にした事実は知っておいてください。田中さんへのコメント読んでみてください。そして竹内さんへのコメントも。喧嘩両成敗ならば許せますが、田中さんのコメントには益々煽るような言葉が並んでいますので。
関係のない事ですが、以前のような添削道場であって欲しい。ただそれだけです。
ごめんなさい。

点数: 3

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「喪返しの菓子ほろほろと夕端居」の批評

回答者 鳥越暁

こんばんは。
情景がしっかりと伝わります。季語もぴったりだと思います。
ただ、ひとつ気になったのが「喪返し」です。字面から香典返しだと分かりますが、これは造語ではないでしょうか。造語もありなのかもしれませんが、嫌われる方もおられると思います。字あまりになりますが「香典返し」ときちんと表現された方がよいのかと。(調べた範囲では「喪返し」という言葉はなかったのですが、もし既存であるのなら失礼いたしました)
オノマトペは成功していますね。心情とお菓子の両方に掛かるオノマトペでしょう。

拙句「夏登山・・・」へのコメント、ご指摘ありがとうございます。
この句はとあるところで選をいただいた句の推敲前の句です。入選止まりでしたので、みなさんならどのようにされるか伺いたく投句した次第です。
貴重なご意見ありがとうございます。
具体的な物をおくのはやはり基本ですね。実は選をいただいた句も具体的な物を外しております。ある意味で成功したのかなと思っておりますが。具体的な物=伝わりやすい、イメージしやすいですね。
普段、私はどちらかというと「マクロ」的な映像を意識して作句いたします。今回はちょっと冒険なのですが、なかなか面白いです。
また、ご意見うかがわせてくださいませ。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

いくすじの焚火のけぶり里の山

作者名 佐渡 回答数 : 9

投稿日時:

お正月終わりて続く仕事かな

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

凸凹のマフラーを巻く子煩悩

作者名 たもと 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『喪返しの菓子ほろほろと夕端居』 作者: たけたけ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ