俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

熱帯夜日またぐ頃には逃げる布団

作者 たか  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

中三、国語の課題のため書きました。
表現技法を使うことが求められているので体言止めと擬人法を使いました。

最新の添削

掛け布団逃げる熱帯夜の零時

回答者 IZMIN

はじめまして、IZMINと申します。
先日高1の方が来てて驚いたんですが、今度は中学生の方ですか!若い!!

面白い句ですね。自分が逃げるのではなく、布団が逃げるという発想が面白いです。
ただ、「頃には」という表現が少し気になります。俳句は基本的に瞬間瞬間を切り取るものだからです。
「零時」と言い切る形で添削をしてみました。

点数: 0

添削のお礼として、IZMINさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

焚き火前背を向け談義通い合い

作者名 こま爺 回答数 : 2

投稿日時:

雀蛤になるや兎の走る海

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

凍てる手に摘みし野草のあく強し

作者名 素一 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『熱帯夜日またぐ頃には逃げる布団』 作者: たか
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ