俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

寄席帰り木橋渡るに蛍おり

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今年の蛍の見納めかも。老舗旅館の中です。

最新の添削

「寄席帰り木橋渡るに蛍おり」の批評

回答者 たけたけ

千日草様
こんばんは。竹内です😸
コメントをありがとうございました。
たしかに素直に「本」にしてもいいですね!すっきりしました。

千日草様は、句会にたくさん出られるのですね😺
俳句仲間がたくさんいらっしゃって羨ましいです🎵
もともとのお友だちですか?✨

私は、月1回公民館の句会へ行っています。
初心者は私だけで、先生も明るいけど厳しくて毎月「句会を白けさせないようちゃんとした句を持っていかなきゃ…」と焦ります。
もう少し自分のレベルに合った初心者向けの句会の方がいいのかなと思ったり…。

でも、皆さんとっても温かくて大好きな方たちばかりなので、結局ただ…皆さんの句が読みたくて句会に通っています💕

こちらの句は、私も「帰り」と「渡る」「おり」が気になりました。
俳句は一瞬を切り取るというので、下五は「蛍かな」と切字でしっかり切って、動詞を減らせばもっともっと素敵な光景が伝わると思います!
視点も、伝えたいことも、切り取りたい光景も千日草様は、本当にいつも美しいです。

私も気を付けてはいますが、一句出来上がった後に「動詞1つまたは0にできないかな?」と今一度見直してみるのも良いかもしれません😌🌸
そしたら、一読で、千日草様が伝えたい光景がパッ!と咲くように私の頭に浮かぶ気がします。

うちの周りはほんと…ビルやショッピングモールばかりのつまんない光景なので…😭
これからも、楽しみにしています🌸

点数: 1

添削のお礼として、たけたけさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「寄席帰り木橋渡るに蛍おり」の批評

回答者 かこ

蛍は飛んでいたのでしょうか、止まっていたのでしょうか?

もしとまっていたのなら、
◇欄干に蛍のひかり寄席帰り
なんてどうでしょうか。動詞減らしてみました。

蛍が見える様な環境にいません羨ましい。
でも、落語はたまに見に行きます。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「寄席帰り木橋渡るに蛍おり」の批評

回答者 鳥越暁

こんばんは。
情景が良く浮かびますよ。
寄席帰り、木橋、蛍とちょっと欲張りすぎの気がいたします。蛍は季語ですので、寄席帰りか木橋のどちらかを削られたらいかがかと思います。「寄席帰りと蛍」の方が個人的に面白い取り合わせかななんて感じました。

拙句「山車ねむる・・・」へのコメントありがとうございます。
あの、千円札ではなくて「千社札」ですよ。村の社の中に収められている山車、その社の柱の隅に祖父の千社札を見つけた、という句でした。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

葉書白し夏書のごとく駄句一句

作者名 長谷機械児 回答数 : 0

投稿日時:

立夏かな葉挿しサボテン根が生えた

作者名 小夏 回答数 : 2

投稿日時:

一人旅逢わずに帰る罌粟の花

作者名 GORO 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『寄席帰り木橋渡るに蛍おり』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ