俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

寄る辺なき老いざま晒す骨正月

作者 すがりとおる  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今、妻は実家へ里帰りしています。
僕には近い縁の者がいません。今夜はシンシン冷えてきて「孤独死」なんぞという言葉が頭をよぎります。
妻より先に逝かねば・・・とネガティブな気持ちになります。。。

最新の添削

縁る辺なき老いの身軽や骨正月

回答者 腹井壮

落ち着いたので添削してみました。

「寄るべなき」はいい表現ですが「寄る」の漢字はもっと適当な漢字に置き換えできないかと調べてみました。
自虐を詠むのは構わないのですが読者に「明日は我が身か」とか「かわいそうに」などと思わせるだけでは勿体ないですよ。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「寄る辺なき老いざま晒す骨正月」の批評

回答者 腹井壮

西村敏彦さん、おはようございます。

上五中七のフレーズが説明的な分だけ下五に置いた骨正月という季語のネガティブなイメージしか引き出していないような気がします。
自虐は川柳に向いていますが俳句の素材にするなら厳選したいですね。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「寄る辺なき老いざま晒す骨正月」の批評

回答者 秋津洲はじめ

これでもかこれでもかって感じ(^_^)ですね。
もっと滑稽にそんな感じでもって、俳句楽しみましょう!
ですよね。長生きしようね、それが人生の目的(^_^)/

点数: 0

添削のお礼として、秋津洲はじめさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

子の笑顔待ち雛の灯に祈るかな

作者名 田中喜美子 回答数 : 1

投稿日時:

夕暮れて薮蘭漏るる虫の声

作者名 大浦美津子 回答数 : 1

投稿日時:

向日葵や来るこない来る待ちぼうけ

作者名 やまの はるか 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『寄る辺なき老いざま晒す骨正月』 作者: すがりとおる
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ