俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

梅酒の実一つかじれば頬赤し

作者 綱子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

梅酒を作ったときの梅の実を一つ食べたら顔が赤くなってしまいました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「梅酒の実一つかじれば頬赤し」の批評

回答者 04422

こんばんは!千日草です。
良いと思います。ちょっと要らぬ添削。返って句を壊すでしょうが切れを入れてみました。
◆琥珀なる梅酒梅にや酔ひし頬
お邪魔しました🙇🙇

点数: 2

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

幾三角西瓜染みて還える子ら

作者名 すみれ 回答数 : 4

投稿日時:

短縮の夏休みにも子らは慣れ

作者名 岸本義仁 回答数 : 0

投稿日時:

流れ行く時の砂粒啄木忌

作者名 めい 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『梅酒の実一つかじれば頬赤し』 作者: 綱子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ