俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

また鍋を焦がすか母の日の母よ

作者 東次郎  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

久しぶりに兼題を詠んでみました
今年94歳になる母ですが、時たま自分で調理して鍋を焦がします
元気な事は良い事なのですが

最新の添削

「また鍋を焦がすか母の日の母よ」の批評

回答者 いなだはまち

ワカシ君一年生です。
お世話様です。

バイエルのご意見ありがとうございます。
助詞や切れで、句意や景色も大きく変わりますね。最後は作者次第なんでしょうね。
小学校2年か3年生の女の子。この日のために50番を練習しました。お母さんの喜ぶ顔、自分が褒められる場面を想像して頑張ってきた、今日は小さな発表会です。
すみません、メルヘンの世界でした。

掲句は、ストレートに認知症のお母さんをイメージしました。
母の日に子が訪れて、母が料理を作ると言い出し、昔よく作った料理を作ろうとしたが、上手くいかない。見守る子は、嬉しいがやはり無理だよなと思う反面、嬉しさもあり、最後の「よ」に思いが込められている句と読みました。やはり、カレーでしょうか。
長文失礼しました。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

秋の夜捨てられたけど仕事有り

作者名 翔子 回答数 : 6

投稿日時:

何故だろう悲しき事に冬の雨

作者名 堀籠美雪 回答数 : 7

投稿日時:

露草の露を乗せたる花青し

作者名 素一 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『また鍋を焦がすか母の日の母よ』 作者: 東次郎
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ