俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

陽炎や道路に座る君の腿

作者 まちる  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

アスファルトの黒と腿の白のモノクロが陽炎に揺れる
この感じが伝わればいいのですが情報足りてませんよね

最新の添削

「陽炎や道路に座る君の腿」の批評

回答者 鳥越暁

おはようございます。
陽炎と道路で暑さをひしと感じます。そんな中で「座る」のは疲れているからでしょう。そして腿を出しているというので、道路で走り込みをしている部員を連想しました。そこに汗も浮かびます。
本句の感性は私は好きです。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「陽炎や道路に座る君の腿」の批評

回答者 いなだはまち

ワカシ君一年生です。
僭越ながら、、

コメントありがとうございます。
俳句は、読み手の脳に映像を勝手に描いてもらえれば、成功かと思います。
「はぁ、そうですか、そうですね」という内容は、写生ではなくほぼ写真かと、。
添削句は、お気づきかと思いますが、人により恋人の腕枕とも読んでいただけるのではないでしょうか。
陽炎は、難しいお題だと思います。
物が揺らめいている景をそのまま詠んでも
俳句にはならないからです。
その先の世界を詠むのが俳句だと思いますので、本句の添削はいたしかねます。
すみません。(涙)

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「陽炎や道路に座る君の腿」の批評

回答者 いなだはまち

ワカシ君一年生です。

コメント拝読いたしました。
俳句についての真摯なコメントは、大変嬉しくまた、勉強になります。
まちる様を否定している訳ではなく、掲句
は私には詩が感じられず、より良くするためのヒントが見つからないことをお伝えしました。
評価なぞ人により変わるものですので、ああそんな風に感じる人もいるのか程度に、流してもらえればいいかと思いますよ。
ただ、別の所でやられると、イラッときますので、それなりのことは言います。
人間ですから、句を否定されると自分を否定されたと錯覚することは、これからもあると思いますが、「いいと思います」というコメントは、添削を依頼された人のコメントとしては、無責任かとも思います。
所詮遊びと思えば、目くじら立てることでもないのかも知れませんが、。
俳句に対して真摯に取り組まれていらっしゃることは、痛いほど伝わってきましたので、私の句へもどしどし添削をお願いします。そして、これがベストだと思う句は、ここに投稿せず、新聞やその他へ投句してチャレンジしたらいいと思いますよ。
私も、私の今のレベルを上げるべく、精一杯取り組んでおります。
俳句ポストで、そう遠くない将来天を取りたいと真剣に思っていますので、。
長くなりましたが、気を悪くされたらすみません。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「陽炎や道路に座る君の腿」の批評

回答者 いなだはまち

ワカシ君一年生です。

交換日記やってる訳ではありませんので、
これで終わりです。
きついなぁ~!と思うコメントを戴いた時は、私も辛いですし、辛かったです。
何人かの方からは、結構厳しめの批評を戴いた覚えがあり、今に役立っています。
当サイトへは、昨年の7月よりお世話になっています。唯我独善なるおぞましい俳号で、2月までやっており、俳句に対して斜に構えていましたが、所謂初心に帰り猛勉強中です。自分で言うな!
なお、感性の違いではなく、技術の問題ですので、ぜひ腕を磨き、俳句をもっと好きになってあげてください。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

阿波おどり俳句コンテスト二千十八

作者名 腹井壮 回答数 : 7

投稿日時:

夕涼や床几にひびく駒の音

作者名 感じ 回答数 : 4

投稿日時:

ウサギウマ調べる吾子の夏休み

作者名 根津C太 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『陽炎や道路に座る君の腿』 作者: まちる
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ