俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

新緑になんじゃもんじゃの白眩し

作者 野原 由香  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

近くの山にハイキングに行き、5月の光に新緑がきらめく中、突然に表れたなんじゃもんじゃの真っ白な花が目に飛び込んできたときの情景です。鮮烈な印象で、まぶしい白さに、しばし目を奪われました。

最新の添削

「新緑になんじゃもんじゃの白眩し」の批評

回答者 いなだはまち

ワカシ君一年生です。
僭越ながら、、

なんじゃもんじゃは、ひとつばたごのこととなっておりました。
植物は、苦手な題材ですので、知りませんでした。勉強になりました。
まず気になりますのは、季重なりです。
新緑、なんじゃもんじゃとも季語ですね。
それはさておき、眩しいほどに耀く白い花を見てみたいと強く思いました。
ありがとうございました。

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夕暮れの烏賊釣舟や横一線

作者名 佐渡 回答数 : 3

投稿日時:

網戸開け羽蟻の二三紛れ込む

作者名 イサク 回答数 : 9

投稿日時:

父の日の父の伸べたるバトンかな

作者名 げばげば 回答数 : 9

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『新緑になんじゃもんじゃの白眩し』 作者: 野原 由香
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ