俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

三光鳥なかなか鳴かず尾はなびく

作者 鳥越暁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

三光鳥=三夏、ヒタキ科の野鳥。夏鳥、ツキヒホシ(月日星)・ホイホイホイと鳴くことから名づけられた。尾は長く、上胸以上が紺色・下胸と腹は白く翼と尾は黒褐色。美しい鳥。
私は一度だけ見たことがあります。とても印象的で美しかったです。

最新の添削

「三光鳥なかなか鳴かず尾はなびく」の批評

回答者 いなだはまち

ワカシ君一年生です。
大変失礼いたしました。自身の薄学を棚にあげ、人様へいらぬ心配をしましたこと、おわびいたします。なんとかコーナーは好きではないですので、何とぞこれにてご容赦くださいますようお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「三光鳥なかなか鳴かず尾はなびく」の批評

回答者 いなだはまち

ワカシ君一年生です。
季語及び三光鳥の紹介、ありがとうございます。
私が危惧しますのは、季語よりも鳥越様のこの先です。俳句を学ぶのか、季語を学ぶのかの、どちらを目指しておられるのかです。
俳句をなぜ詠もうとしているのか、他人の目に晒す目的は何なのかを再考されることをおすすめします。
俳句は、本来身近かな気づきを17音で表現するものと信じています。
各々自由に遊べばいいのですが、向学心が
ある方なので、余計な一言を、。
これも、俳句ではなく季語の説明ですね。
ご気分を害されたらすみません。(泣)

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

麻蒔くやモスバーガーの一号店

作者名 根津C太 回答数 : 1

投稿日時:

湖の波のたゆたゆ残る鴨

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

緑蔭に前脚上げる神馬像

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『三光鳥なかなか鳴かず尾はなびく』 作者: 鳥越暁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ