俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春の野を押し潰すごと空暗し

作者 土屋 羊子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

宜しくお願い致します。
暗き空。空の色。で迷いました。他の表現がありましたら、教え下さい。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春の野を押し潰すごと空暗し」の批評

回答者 耳目

はじめましてですよね、耳目と申します。よろしくお願いします。

お句ですが、正直、季語が生きてないように思いました。
春の野の華やかさがなんだか残念な感じです。
「野を押し潰すような空」これで恐らく言いたいことは言えていると思います。
あとは暗さを想像させる季語を上五に入れるだけ。
今の時期的に「花冷えや」「鳥曇」とかでしょうか?

花冷や野を押し潰すような空

ご参考いただけたら幸いです。

点数: 2

添削のお礼として、耳目さんの俳句の感想を書いてください >>

春の野を押し潰すごと空暗し

回答者 みそまめ

はじめまして 土屋羊子様 みそまめと申します。😄よろしくお願いいたします。とても共感できる お句です。春の野を押し潰すごと の表現が巧みだと思います。ただ このままだと季語の春の野が 少し可哀想な気もします。耳目様のおっしゃる様に 季語の 再考をされてはいかがでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、みそまめさんの俳句の感想を書いてください >>

「春の野を押し潰すごと空暗し」の批評

回答者 耳目

こんばんは、耳目です。拙句にコメントありがとうございました。
みそまめさんの添削案の方がより擬人化される感じになりますね。

朔太郎の竹の子ですが、やはりみそまめさんはご承知で使われていたんですね。僕が浅はかでした。流石によく勉強されていますね。
確かに季節の先取りは粋です。ファッションみたいなものですね。
また、吟行句会(メンバーも確認している場合)は現場優先なので遅くても早くても季ずれは許容されると認識しています。

点数: 0

添削のお礼として、耳目さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

風邪ひかぬ鈍い頭を恨みけり

作者名 ほうとう 回答数 : 2

投稿日時:

雪片やきょねんの雨を蔵しこと

作者名 世良日守 回答数 : 5

投稿日時:

夢に見たコロナを喰って死ぬコロナ

作者名 鉄道員 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春の野を押し潰すごと空暗し』 作者: 土屋 羊子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ