俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蝶々も色好みけり春景色

作者 高橋九二三  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

この頃限界に来たように、または自分流になってきたように思います。
この句は蝶々も色好みするような思いで詠みました。

最新の添削

「蝶々も色好みけり春景色」の批評

回答者 かぬまっこ

今晩は✨はじめまして、かぬまっこと申します🎵
「も」が気になりました✨この一音で変わりますね✨

🔷蝶々は色好みけり春景色

🔷蝶々の色好みけり春景色

🔷蝶々や色好みけり春景色

「蝶々も」とすると自分もそうであるということを含んでいますね。

指摘事項: 季重なり

点数: 0

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏休み脇道となる通学路

作者名 和光 回答数 : 3

投稿日時:

入道雲ひょいと担いで駆けだす子

作者名 山口雀昭 回答数 : 3

投稿日時:

白菜やフリルのスカートは捨てない

作者名 根津C太 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蝶々も色好みけり春景色』 作者: 高橋九二三
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ