俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

竜宮に姫と仇波亀鳴けり

作者 すがりとおる  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

戯れ歌です。

最新の添削

「竜宮に姫と仇波亀鳴けり」の批評

回答者 なおじい

すがりとおるさん、こんにちは。初めまして。
拙句「夕焼けの露天商」にコメントおよび提案句有難うございました。おっしゃる通り、夕立が来たのでたたむのと、夕焼けでこれからというときにたたむのでは意味が違ってきますが、勉強になりました。

それにしてもすがりさん、えらくまた突然に拙句にご評価くださいましたね。何か、目についたのでしょうか?

さて御句拝読しました。戯れ歌とのことですが、面白いですねー。
拝読して、確かに、竜宮城で飲めや歌えの日々を送る浦島太郎を見ている亀の心境を想像してみたくなりましたよ(笑)。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「竜宮に姫と仇波亀鳴けり」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

すがりとおる様
はじめまして、よろしくお願いします。「白日傘」への参考句、ありがとうございます。景が一瞬にたちました、、、お見事という感じです。そのような小気味のいい句を詠みたいものです。
「竜宮」の句、観賞させて頂きました。「仇波」は「軽薄、、他愛もない、、、そわそわ、、、」、、、、比喩でしょうか、、、。「亀」は太郎を竜宮へ運んだ亀でしょうか、、。「姫と仇波」と季語「亀鳴く」の対比、、、なるほど、、、と鑑賞させて頂きました。

点数: 0

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

柿落とす腕白どちはどこへやら

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

しばらくはさざめく心街の虹

作者名 かぬまっこ 回答数 : 2

投稿日時:

畦道の白菫摘み一町歩

作者名 藤井茂 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『竜宮に姫と仇波亀鳴けり』 作者: すがりとおる
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ