俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春雲や九十歳の画狂人

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

六本木の森アーツセンターギャラリーで開催されている新・北斎展に行ってきました。北斎は九十歳まで創作活動をしていたそうです。引っ越し魔で生涯九十回くらい引っ越しをしたそうです。
引っ越しを繰り返したということで何となく季語に雲を入れて「春雲」にしました。季語の動く報告かしら…💦。

最新の添削

「春雲や九十歳の画狂人」の批評

回答者 ねぎみそ

かぬまっこさん、こんにちは。
「春炉燃ゆ」の句にコメントを有難うございます。褒めて頂いて嬉しかったです。

掲句ですが、季語の「春の雲」のふわふわと浮いてはっきりした形のないところが、北斎の謎めいて自由気ままな感じに良く合っていると思いました。

俳句ポストの「ていれぎ」難しくなかったですか? 私は一句も作れず結局ギブアップしてしまいました。)

点数: 0

添削のお礼として、ねぎみそさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初盆ぞ騒がしけるは蝉の声

作者名 杏工房 回答数 : 1

投稿日時:

漬物の桶につつまし薄氷

作者名 竜子 回答数 : 6

投稿日時:

熱燗を飲んでケロイド紅くなる

作者名 豆柴 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春雲や九十歳の画狂人』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ