俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

桃の酒番へてはゐる苦言あり

作者 塩豆  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつもお世話になります。塩豆です。
「番へる」は「つがへる」と読みます。(私は知らなかった。)
ご気軽にコメントしてもらえたらと思います!よろしくお願いします。

最新の添削

「桃の酒番へてはゐる苦言あり」の批評

回答者 たけたけ

塩豆様
何度も失礼します。竹内です(*^-^)
「番える」私も知らなかったです。
「かたく約束する」という意味で大丈夫でしょうか?
「苦言」は、言われた側では痛いところをつかれて快くないが、ためになる忠告とのことでしたので、人物が出てきたら光景が浮かんでわかりやすくなるのかな…と思いました。
私はまだまだ句を読み取る力もなくて、とんちんかんなコメントだったらすみません…😞💦

点数: 2

添削のお礼として、たけたけさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「桃の酒番へてはゐる苦言あり」の批評

回答者 たけたけ

塩豆様
コメントありがとうございます。竹内です(*^-^)
塩豆様に教えていただいたURLをクリックしてみると「若い方」を募集されているようで、私…36才で…若さはとうに失っておりました😹💦
応募は39才までだそうで、私にとっては大変残り少ない期間ですね。
天を目指せる自信がありませんでした…😂
今までは、現代俳句協会のインターネット俳句や、俳句ポストにたしか2回…応募したことがあります。
大会などは…まだまだそんなレベルではないので今は多作他捨で初心者本を読みながら、コツコツ頑張ります🎵

でも、誘っていただけて嬉しかったです。ありがとうございました。
塩豆様はのびのびした素敵な俳句でぜひ、天を目指してくださいね✨

点数: 1

添削のお礼として、たけたけさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蜜柑落つニュートンの子の帰り道

作者名 紅輪 回答数 : 4

投稿日時:

葭切や舌の回転滑らかに

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

春光の川面に流す玉の浮子

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『桃の酒番へてはゐる苦言あり』 作者: 塩豆
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ