俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冴返る零時のままの置時計

作者 世良日守  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

冴返る、のバージョン2です😆
①まづ取り合わせを近すぎず遠過ぎずで考え、
②最初は【冴返る電池の切れた置時計】と詠んでから、中七が説明になっていることに気づいて、→零時のままの、に変えました😆
③その際、数詞が使えないか?とかの切り口で考えると発想が飛ばせそうです😊
④冴返る、は映像を持たない季語なので、12音はこれで良しとました😆

最新の添削

「冴返る零時のままの置時計」の批評

回答者 04422

千日草です。
世良様コメントありがとうございます。ひな人形確かにきらびやかなものですよね。
ただ、主役はとすると説明・散文調になりますので主役のに変えてみました。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「冴返る零時のままの置時計」の批評

回答者 たけたけ

世良日守様
いつもコメントをありがとうございます。
すごく熟考されて作られた大作ですね!
上五の季語と残り12音の世界観が合っていると思いました。
もともと賢い方なのだと思っていましたが、ぐんぐん成長されて羨ましいです。
私は俳句をはじめて4ヶ月たちましたが、まだ基本を押さえるので精一杯でお恥ずかしいです…。

世良日守様もインターネットの句会に参加されていたのですね。
どの句かな…。
私は自分で作るより、人の句を読む方が好きなのでかなり読みこんだと思います。
でも、句が多くて600~800番代の句は疲れきった頭で読まれてしまうので…もったいないなと思いました。
順番の運もありますよね…。
もっとこじんまりとしたインターネットの句会を探してみたいと思いました。
余談ですみません…😞💦

点数: 1

添削のお礼として、たけたけさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋暑し息整へて筆を持つ

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

コンと鳴くあいつのどこだ麦の秋

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 0

投稿日時:

厳かにひたち野統べる初筑波

作者名 ゆき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冴返る零時のままの置時計』 作者: 世良日守
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ