俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雪掻きや老婆はコーヒー差し入れて

作者 北あかり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

雪掻きの俳句第二弾です。
場面を絞ってみたつもりです。
雪国の田舎暮らしのお婆さんを
周りが支えなければなりませんね。
地域を支えてきた功労者ですから。
お婆さんもそんな地域の人には感謝を
お返ししてくれます。

最新の添削

雪掻きや老婆はコーヒー差し入れての批評

回答者 三日酔いの防人

北あかり様、こんにちは。
雪掻きの御礼に御高齢の方から、コーヒーをもらった情景ですね。
上五の切れは、正しいのでしょうか、賛否が分かれます。差し入れては確かに説明的ですね。
私でしたら
雪掻きて姥は缶珈琲放る
と致します。
姥(うば)老婆のことです。缶珈琲はストーブでちんちんに温めた物なのでしょう。投げ渡した様子から老婆との関係性が表現できれば成功です。

点数: 1

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雪掻きや老婆はコーヒー差し入れて」の批評

回答者 かぬまっこ

おはようございます👋😃☀
はじめまして🎵かぬまっこと申します。
雪掻きは大変ですね。
所で、「差し入れて」が説明的な気がします。なので、
こんなのはどうでしょうか❔

🔷雪掻きや老婆の差し出す珈琲

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

失恋の零れぬ涙と落つ枯葉

作者名 初心者ちゃま 回答数 : 1

投稿日時:

閑散の霞が関に名月や

作者名 Giorgio 回答数 : 2

投稿日時:

空梅雨や湯屋を出てなおだべる夜

作者名 友也 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雪掻きや老婆はコーヒー差し入れて』 作者: 北あかり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ