俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

スマホ越し自分の目では見ない薔薇

作者 満州逆路  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

連投失礼します。
先程投句した瞬間にいきなり思いつき、忘れるのもなんだなと思い書き込ませていただきます。

先程と同じく風刺系を目指しました。
今時きれいな物があったらとりあえず写真を撮ってしまうとおう意味、もしくはきれいな物はネットで見ただけで満足してしまい自分では見に行かない、そんな意味で
す。

どちらにも取れるような句になってしまいましたがこれはこれでありなんじゃないかな?と思いました。
ただ直球すぎて想像が全く膨らまない句です...

こちらも添削よろしくお願いします!

最新の添削

「スマホ越し自分の目では見ない薔薇」の批評

回答者 腹井壮

満州逆路さん、おはようございます。

目もくれず歩きつかれて気づく百合

の時と同じコメントしか出来ませんので省きますが満州逆路さんの本格川柳の力は認めております。さらにその才能を開花させる為時実新子の句をなるべく多く読んでみて下さい。彼女はもともと川柳作家ですが川柳に俳句の技法を取り入れたり時には俳句も詠んでいます。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

花も葉も実も落ちあとは冬木かな

作者名 ささゆみ 回答数 : 2

投稿日時:

ゆっくりと鳶の舞ひをり山眠る

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

連休に息子帰る巣未だ我

作者名 ともまる 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『スマホ越し自分の目では見ない薔薇』 作者: 満州逆路
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ