俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

しかられぬ豆まくねえに不思議がお

作者 北あかり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

家の中を豆だらけにしても叱られないことを
理解したのはいつだったのでしょうか。
「ねえ」とは姉のことです。

最新の添削

「しかられぬ豆まくねえに不思議がお」の批評

回答者 和光

北あかりさん。こんばんは。和光です🌅お心遣いのコメントありがとうございます🍀今回は姉妹の句ですね✏初めに幼稚園に上がる前頃でしょうか。平仮名が多い事でその時代を表現しようとしてるのではないかと思いました☺なので[なんでなの豆まく姉はしかられぬ]で考えました。豆と姉は主役級なのと平仮名の切れ目なので漢字にしました。アネとネエは共に二音なのでコメント欄に補足ですね。俳句調にしてないので子供らしさが出ていれば幸いです。。文法上の事は幼い姉妹に免じて固いこと無しにしましょう~☆

点数: 1

添削のお礼として、和光さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「しかられぬ豆まくねえに不思議がお」の批評

回答者 世良日守

こんにちは😃世良です!もう節分も近いですねー😆
しかられぬ と 不思議がお...説明かなぁと感じます😆
説明だからダメだとは思いませんが、代替案として、お姉さんの表情とか、豆の散らかし具合とか、ご両親の態度とかを映像で表現した方が得かと思います😆

点数: 1

添削のお礼として、世良日守さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

我が手より糸垂らしたる子蜘蛛かな

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

夕立の匂い残りし夏涼歩

作者名 たけおしや 回答数 : 2

投稿日時:

葡萄喰ふ子供らやシャツにモザイク

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『しかられぬ豆まくねえに不思議がお』 作者: 北あかり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ