俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

三陸の漁師に加護を三社祭

作者 腹井壮  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

毎度皆様には貴重な御意見・添削案を頂き有り難うございます。
独学の身としては句会以外に人様からの意見を頂く機会がありませんので大変助かります。

この句の季語は三社祭ですが先行句では下五に置いて さんじゃさい と言う事もあるようなのでそれに倣いました。

勇壮な神輿にばかり注目される三社祭ですがこの浅草神社に祀られている三神の内の二神は兄弟で漁師であったとの事。

また、津波の甚大な被害にあった岩手県大船渡市は自分の第二の故郷でもあり東北の太平洋沿岸部の復興を祈り詠んだ句でもあります。

皆様の御意見・添削を宜しくお願い致します。

最新の添削

三陸の漁師に加護を三社祭の批評

回答者 三日酔いの防人

腹胃壮様、こんばんは。三社祭の神様が漁師だったとは知りませんでした。大変勉強になりました。まとまりの良い句だと思います。一点だけ三陸の漁師とすると少し限定的に捉えしまう可能性があり気になりました。漁師に程よい距離の言葉でも良いかもしれません。私は『大漁』として提案させて頂きます。
大漁の加護三陸へ三社祭

点数: 1

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「三陸の漁師に加護を三社祭」の批評

回答者 森田拓也

腹胃壮さん

こんばんは。
いつもお世話になり感謝感謝です。
どうもありがとうございます。

神の表現はやっぱりすごくデリケートで難しいですよね。
切れ字はやっぱりある意味で俳句の究極の追求だと感じます。

この句は腹胃壮さんの故郷の復興も大切に込められた句だと知りました。
お祭りと言いますとなんだか楽しい雰囲気を連想してしまいがちですが、
「加護を」という強い語感のお言葉の巧みなご表現によって、
救済への深い祈りを感じます。

点数: 2

添削のお礼として、森田拓也さんの俳句の感想を書いてください >>

「三陸の漁師に加護を三社祭」の批評

回答者 ハオニー

俳句は独学で覚えつつあるハオニーです

三社祭は葛飾なのに、なぜ「三陸の」で始まっているのか...
説明を聞くまでは「韻」を踏んでいるのだと思いましたが、それだけではなかったようですね

浅草神社の神様に関係があるようですから、「漁師に加護を」よりは「漁夫にご加護を」と言った方が、作者が祈る感じが強く伝わってきます

「加護を」にこだわらないのであれば、より強く祈る感じをさらに強く出せます
韻ももっと多く踏みます

三陸の漁夫よ幸あれ三社祭
「命令形」も使いようです

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏山の岩に弾ける汗と音

作者名 たかゆき 回答数 : 3

投稿日時:

ビルの間に小さく見ゆる運動会

作者名 負乗 回答数 : 3

投稿日時:

時刻表めくりて旅の日永かな

作者名 智泉 由紀子 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『三陸の漁師に加護を三社祭』 作者: 腹井壮
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ