俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雫落ちプリズム一閃樹々の間隙

作者 しんそ・すぱーく  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

しずくおち ぷりずむいっせん きぎのかんげき

雨後、雑木林を散策している。
幾重に重なった枝葉が揺れ、偶然するどい光の通り道が出来た。
そのとき一瞬で色んな色を感じた。

最新の添削

「雫落ちプリズム一閃樹々の間隙」の批評

回答者 気まぐれ亭いるか

こんにちは

御句拝読しました
句としてのコメントとしては慈雨さんに出していただいていますね
私もにぎやかしとして提案句だけ
 葉に零るみづのプリズム夏日陰
よろしくおねがいします

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、気まぐれ亭いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雫落ちプリズム一閃樹々の間隙」の批評

回答者 慈雨

句の評価:
★★★★★

しんそ・すぱーく様、はじめまして。
御句、木々の間から差し込む光ですか。素敵な光景ですね!

同時に気になった点もいくつかあり、せっかく道場に投句してくださったので、率直にコメントさせてください。
季語はどれでしょうか?雫、プリズム、樹々――どれも季語ではないように思います。「滴り」とかなら夏の季語ですが。

・五八七の字余りですね。特に「一閃」というスピード感のある言葉に続く下五が七音もあり、ちょっと重量感がありすぎると思いました。やはり基本の五七五が良いかと思います。

・「プリズム」というのは光を反射・屈折させる多面体のことですので、「プリズム一閃」というのはやや違和感があります。

たとえばですが、
・夏木立濡るる小径(こみち)に射す光
などとすると、ひとまずコメントにある句意に近くはなるかなと。
(季語「夏木立」は、夏に葉をつけた木々が並んでいるという言葉です)

長文失礼しました。いろいろ試してみてください!

点数: 2

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

東大に行けばなんとかなる桜

作者名 鳥田政宗 回答数 : 1

投稿日時:

秋日和覚えぬ母の独り言

作者名 菊花 回答数 : 2

投稿日時:

いつかしら三百の実の秋果かな

作者名 かぬまっこ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雫落ちプリズム一閃樹々の間隙』 作者: しんそ・すぱーく
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ