俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夏の朝短き陰や古き橋

作者 博充  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夏になり橋の陰が短くなってきました

最新の添削

「夏の朝短き陰や古き橋」の批評

回答者 慈雨

博充さま、こんにちは。お世話になります。
御句拝読しました。橋の影の長さに着目されての一句、いいですね。風情もあると思います。

ただ三段切れが気になりました。
リズム的にもそうですし、「夏の朝」「短き陰」「古き橋」と感動の焦点が分散している感じがします。

あと細かいですが、この場合は「陰」より「影」かなと。
「陰」は建物などで日差しの遮られた場所、「影」は地面などに映った黒い像です。微妙な違いなんですが。
(ちなみに「日陰」は夏の季語ですので、もし「陰」の意味で使うと季重なりの可能性も出てきそうです)

・古橋の影の短し夏の朝
ちょっと「の」が多いですが、参考程度に。。よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春草の絵かと見紛ふ冬の森

作者名 めい 回答数 : 5

投稿日時:

蟷螂の逢瀬刹那や赤き空

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

春眠し徳を積もうとでも寝てる

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夏の朝短き陰や古き橋』 作者: 博充
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ