俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

歩行器の富士見つむ母春を待つ

作者 智泉 由紀子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

母か亡くなる前の句です。
歩行器を使い散歩していた昨年の母の姿です。

最新の添削

「歩行器の富士見つむ母春を待つ」の批評

回答者 かこ

こんにちは😃
お寂しいですね。

俳句の季節は実際の季節より少しはやいです。立春から春になります。もし、去年の今頃の歌なら季語は春の季語です。⚠️実際に見たものを読む分には気にしなくていいです(水仙は冬の季語ですが今咲いているのでそのまま詠めます)
それと動詞はなるべくですが少無い方がいいです。

うららけし歩行器の母富士見つむ

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

石庭に紅の一点諷経哉

作者名 渡 弘道 回答数 : 7

投稿日時:

夕焼けや知らぬ海辺の一人旅

作者名 佐渡 回答数 : 5

投稿日時:

風邪ごもりぬるき枕を一人沁む

作者名 よした 山月 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『歩行器の富士見つむ母春を待つ』 作者: 智泉 由紀子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ