俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夏浅き山の辺の道みつる雨香

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

奈良の山の辺の道を旅したときに詠んだ句です。

最新の添削

「夏浅き山の辺の道みつる雨香」の批評

回答者 こま爺

今日は。

さっそくながら御句、三段切れの感じが強いですね。上五は活用語としては連体形でかかっていますが文脈的には一呼吸です。夏浅き、山辺の道、みつる雨の香のそれぞれが重いので、山辺の道は山道として、
"夏浅き山道みつる雨の香に

よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 3

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ほうれんそう子供なり出でて結婚かな

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

オリオンや地下芸人のネタ合わせ

作者名 鳥田政宗 回答数 : 1

投稿日時:

殿様や来客する秋近し

作者名 ただまさ れいたろう 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夏浅き山の辺の道みつる雨香』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ