俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

風に揺れ陽だまり奪う梅の花

作者 鴨長迷  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

かすかな北風を受け、冬の快晴の中、鋭い日差しを受け紅梅が鮮やかに揺れていました。

サイトの作法不案内の為失礼がありましたらお許し下さい。

最新の添削

「風に揺れ陽だまり奪う梅の花」の批評

回答者 04422

千日草です。いつも添削指導ありがとうございます。
梅の花は春告草の別名ありますので陽だまりを喜んでいると思います。ここでは奪うの位置が分かりません。
風に揺れ陽だまり集む梅の花 趣旨と違っていたらごめんなさい。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雨雫添へてへ映ゆるゆに杜鵑花かな

作者名 04422 回答数 : 0

投稿日時:

窓側に小暑デビューや雨の音

作者名 胡 秋興 回答数 : 1

投稿日時:

登校の子らは笑顔の残暑かな

作者名 岸本義仁 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『風に揺れ陽だまり奪う梅の花』 作者: 鴨長迷
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ