俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

桜散る宴の後の寂しさよ

作者 東野 宗孝  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

最初は、「桜散る宴の後の静けさよ」でしたが、これでは説明です。
あんなに皆んなと楽しく過ごしていたのに、一人になると、その落差から、寂しさがより強く感じられる。
まだまだ、不十分ですが、投句してみました。

最新の添削

「桜散る宴の後の寂しさよ」の批評

回答者 なおじい

東野宗孝さん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。季節をとらえた積極的なご投句、素晴らしいと思います。

御句および「桜散るされど翌年咲くけなげ」「紫陽花よ雨で輝き増しにけり」を拝読して思ったのですが、いずれも季節をとらえている反面、すでにその感情は日本人に昔からある程度共通する感情として、季語に込められていると言えるのではないかと思いました。
例えば、桜の(花見の)あとの虚しさ・寂しさ、でもまた来年は咲いてくれるから、それを楽しみに元気で頑張ろうとか。また、ほとんどの花は雨より晴天が似合うのですが、紫陽花は雨がよく似合うとかです。

ですので、今の段階ではいいと思うのですが、これからは類想類句と言って、「季語にそのことは含まれている」「もはやすでにたくさん詠まれている」と言った評価にぶつかるかもしれないと思います。

そのような時には、何かしら、東野さんらしさというものをどこかに入れるようにしていくと、オリジナリティが出て際立つのではと思います。

いまここで、何か例を挙げるといいのですが、それはまた次回にさせていただきます。
これからもよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

朝焼や運慶の寺へナビセット

作者名 黒猫 回答数 : 5

投稿日時:

要望:厳しくしてください

温泉の素や今年の冬の旅

作者名 鳥越暁 回答数 : 5

投稿日時:

海の日や砂採る浜のショベルカー

作者名 かぬまっこ 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『桜散る宴の後の寂しさよ』 作者: 東野 宗孝
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ