俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鯛焼きやボクも欲しいとポチはしゃぐ

作者 よしはむ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

新しくできた「わんわん五七五/犬の俳句・川柳投稿サイト」に投稿した句を改稿したものです。
https://jphaiku.jp/dog/

最初は、「鯛焼きやボクも欲しいと犬ねだる」としたのですが、「欲しい」「ねだる」が同じ意味なので変えたほうが良いと妻に指摘されて、推敲してみました。
よろしくお願いします。

最新の添削

「鯛焼きやボクも欲しいとポチはしゃぐ」の批評

回答者 ハオニー

そういえば犬の句を一度もつくらなかったハオニーです
犬は飼っていました
だからこそ、犬の句はためらっていました

わんわん五七五という投句サイトへの句のようですから「犬についての俳句・川柳」という前提かつ、俳句としての作品であることを考慮して意見を述べます

犬が食べ物をほしがってるようだという発想はありがちです
しかし裏をかえせば、それは多くの人が光景を想像しやすくまとめやすいのです

さしかし、なぜ「鯛焼」を敢えて選んだのかは興味があります
ただ、「鯛焼」のイメージを一つでも活かさないと、季語がなんでもありになってしまいます
仮にこの上五が「焼芋や」だったとしてもおかしくありません
むしろそちらの方が合うのかも...(

鯛焼の季語のイメージと共鳴しそうな言葉を、はしゃぐ様子へと近づけます

鯛焼を欲するポチの跳ねたる尾
「鯛のように跳ねるイメージ」と「尾がある」ことで、鯛焼という季語が少し動きづらくなります
ただし「鯛焼」と「甘い」くらい近すぎる安全牌のイメージは、逆に鼻につきます
あくまでも発想を広げていきましょう

しかし、私は具体的な失敗例をお見せするのは苦手なのです...
失敗に関しては説得力がないようです

点数: 2

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「鯛焼きやボクも欲しいとポチはしゃぐ」の批評

回答者 腹井壮

こんにちわ、よしはむさん。
いつもお世話になります。

一度、鯛焼きの味を知ってしまったワンちゃんが飼い主の手に持った鯛焼きを見て近付く様子を詠んだのでしょう。
とても微笑ましい光景ですね。
そこでその時犬の尻尾はどんな状態か。
それを読者に想像させる為の添削です。

鯛焼を欲しがるポチの尻尾かな

ただ、季語でもある鯛焼が安定しているかどうかは不安なところなので参考までに。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ワイパーの音のせわしき梅雨の朝

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 1

投稿日時:

五稜郭一寸先は飛花落花

作者名 鬼胡桃 回答数 : 3

投稿日時:

爽籟やワクチン接種気鬱かな

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鯛焼きやボクも欲しいとポチはしゃぐ』 作者: よしはむ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ