俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

行くごとく彷徨うごとく落花かな

作者 ケント  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

散り落ちる様を詠みました。

最新の添削

「行くごとく彷徨うごとく落花かな」の批評

回答者 慈雨

ケント様、こんにちは。
拙句「アネモネの~」へのコメントをありがとうございました。どうしても娘の句が多くなっちゃいますね(汗)。

あ、「すでに背負って通学している姿」で合っています。そのつもりで詠みました!またコメントが紛らわしくてごめんなさい。
でも購入時を句にするのも面白いですね!色を曖昧にするパターンも考えたのですが上手く作れず…ご提案句助かります☆

御句、佳いですね。
「ごとく」のリフレインはもちろんですが、桜が散ることを「行く」と表現される措辞も素敵だと思いました。
歳時記に、桜は散る様も儚く美しいことこそ国花とされる所以である、といったことが書いてありました。まさにそういう季語が生きていると感じました。

悔しいので、リフレインを抜いての提案句を。
・彷徨いて尚行くごとき落花かな
うーん。。またよろしくお願いしますm(__)m

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「行くごとく彷徨うごとく落花かな」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

ケント様こんにちは。
拙句『鳥雲に』にコメント下さりありがとうございます。
御句佳いですね。
出来ているとおもいます。
ごとくのリフレインが効いてますね。
またのご投句楽しみにしております。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「行くごとく彷徨うごとく落花かな」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

ケント様。お世話になっております。
ごとく が気になりました。
桜の花びらが行くように、彷徨うように、散ってゆく、、で、解釈は、あっているでしょうか?
なんだか、寂しいですね。
ごとくのリフレインですね。
▪輝くごとく、流れるごとく落花かな
誇り高く散る桜を表現してみました。
七、七、五です。
🙇

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「行くごとく彷徨うごとく落花かな」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

ケント様。コメントありがとうございます。
はい、そうですね。
季語はひとつが、基本。
肝に命じます。
実は、うっかりしてました。😱😫
わかっていませんでした。😢😅
推敲は、大事です。
ちょっと慣れてきたからって、気を抜いては、いけない。
ありがとうございます。
山吹でもう一度リベンジさせてください。😃
ケント様の添削句、もちろんいただきます。
🙇

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「行くごとく彷徨うごとく落花かな」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

ごとくのリフレインの是非は私には難しいです。
一つは、観念句で情景に乏しい句なのでなにか補いたい。それと彷徨うに焦点を絞る方が意図が明確になるかもという理由です。

ということで、
”行きてなお彷徨うごとく落花かな
「定められた宿命に従うと思いきやまた迷っているは。」という句意です。

ご参考迄に。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「行くごとく彷徨うごとく落花かな」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

ケント様。コメントありがとうございます。
ケント様のおかげです。
細き腕か細き指か悩みました。でも、娘なら、着物だから、腕は、見せないだろうと思いました。
娘の正体、やんごとなき人の姫なのかもしれませんね。😌🥰また、よろしくお願いいたします。🙏

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「行くごとく彷徨うごとく落花かな」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

ケント様こんにちは。
拙句『潜りゐて』にコメント下さりありがとうございます。
こちらではまだ開花しておりませんが、季節を先取りしました。
ご提案句も素敵ですね。
いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「行くごとく彷徨うごとく落花かな」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

ケント様。正統派の俳句として詠んだのですが、類そうでしたかー。
まだまだですねー。
ありがとうございます🙇
落とすは、いいですねー
生卵を割って、ボウルにいれず、生ゴミ入れに入れたことあるんです。連続2回。😨
また、宜しくお願いいたします。🙇

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

落葉掃くいつも会釈の女学生

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

酸漿をつぶさぬやうに揉みにけり

作者名 ちゃあき 回答数 : 1

投稿日時:

古団地錆びたブランコ風に鳴く

作者名 渡 弘道 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『行くごとく彷徨うごとく落花かな』 作者: ケント
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ