俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

甲高く息子と名乗る初電話

作者 世良日守  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季語初電話とオレオレ詐欺の取り合わせ...微妙かなぁ😆

最新の添削

「甲高く息子と名乗る初電話」の批評

回答者 素一

世良様こんばんは!コメントありがとうございます。そうですね。裏声でも良いかと思います。とにかく息子であると思わせるような言葉を使って表現出来たら良いのですから。今後もよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「甲高く息子と名乗る初電話」の批評

回答者 素一

これは声の甲高さでオレオレ詐欺を表現しているけれどもう少しひねった方が切迫感が出てくる様に思えます。
風邪声の方が本人と思えるように思います。
鼻声で僕としゃべる息子かな🙇🙇

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

甲高く息子と名乗る初電話の批評

回答者 三日酔いの防人

世良日守様、今晩は。初が付く季語は色々あるのですね。『初電話』とても良い季語ですね。
良いだけにオレオレ詐欺との取り合わせは季語を殺してますね。歳時記の初電話を見直してみてください。上五『甲高く』は評価出来ます。
私でしたら
甲高き息子の声や初電話
と致します。

点数: 1

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

磯涼み漁火の先にしのぶ郷土

作者名 トリッピー 回答数 : 5

投稿日時:

鳥渡る水平線を夜光雲

作者名 悠々 回答数 : 1

投稿日時:

亀もぐり浮かび来るは浮寝鳥

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『甲高く息子と名乗る初電話』 作者: 世良日守
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ