俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

幕間の窓から見える躑躅輝る

作者 シゲ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

再度、投稿しますが休憩に開けられた窓からツツジが綺麗過ぎました。

最新の添削

「幕間の窓から見える躑躅輝る」の批評

回答者 竜子

シゲ様 おはようございます。
お世話になります。
御句
幕間ですから何かの舞台、そこの窓から躑躅が見えたでしょうか。
下手ですが、
幕間の外には紅き山つつじ
見えるを省略してつつじの色を出してみました。
紅と山つつじは創作です。
つつじと詠んでいますから、当然そちらを見ているので見るは省略していいかなと(俳句で嫌われる説明の排除)それと輝くはご自分の感想ですからそれを詠まずに読み手に想像してもらう方がいいかなと思います。
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「幕間の窓から見える躑躅輝る」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

シゲ様こんばんは。
御句良いのですが、最後にすべて述べられています。
読者に想像の余地を残しておくのがよろしいかと思います。
提案句です。

幕間の窓より見ゆる躑躅かな

よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

気にしつつサイドミラーの蜘蛛の糸

作者名 負乗 回答数 : 7

投稿日時:

霧の中見えぬ恋模様静けさよ

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

新蕎麦や機能全開鼻の穴

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『幕間の窓から見える躑躅輝る』 作者: シゲ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ