俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

猿早くふわりふわり舞う花よ

作者 シゲ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

添削ありがとうございます。

最新の添削

「猿早くふわりふわり舞う花よ」の批評

回答者 慈雨

シゲ様、こんばんは。
御句(前句も合わせて)拝読しました。実体験でしょうか?面白い光景に遭遇されたのですね!

佳いと思うのですが、前句の「蹴り駆けもどる」という、猿の一目散に逃げるような迫力が失われてしまっているようにも感じました。今回の句だと猿が何をしたのかが不明瞭にも思います。
(あと細かいことですが、「早い」はふつう時刻のことを指すので、速度の場合は「速い」が適切かと思います)

桜が散る・散った様子を表す季語はたくさんあるので、季語を推敲してもいいかも、と思いました。
・猿二匹駆けて消えたり花の塵
季語「花の塵」で考えてみました。これなら季語の説明を加えなくても、猿が去ったあとの地面に桜が散り落ちているような景が伝わるかな…と。句意が変わってしまっていたらごめんなさい。
動詞2つになってしまってますし、あまり上手い提案句ではありませんが、、一意見としてご笑覧いただければ幸いです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「猿早くふわりふわり舞う花よ」の批評

回答者 みつかづ

句の評価:
★★★★★
★★

貴句、拝読しました。

この句、私が提示した添削例からの句ですよね、きっと。
あれ程「決して推奨しませんが」と釘を刺しましたのに…。

と申しますのは、「ふわりふわりと」で「ふわり」の数を増やしても、結局は「舞う」の説明にしかならず、花の具体的な描写とはいえないのです。
「「舞う」以外の「ふわり」って他に何があるの?」とツッコミ入れられると反論の余地が全くありません。

なので、「決して推奨しません」と前置きした訳です。

「舞う」という動詞の使い方には他にも注意点がございまして、例えば冬を詠む時に「雪は舞い」等と表現してしまいますと、「雪は降ったり舞ったりするものでしょう? 舞わない雪があるなら持ってきてください」と反論されてしまう訳です。

この辺りは押さえておきたい要点の1つです。

点数: 0

添削のお礼として、みつかづさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

二階より糠星見えて春隣

作者名 游歩人 回答数 : 2

投稿日時:

出会わなければ良かったの冬牡丹

作者名 負乗 回答数 : 3

投稿日時:

冬終わる春始まりて歩きゆく

作者名 翔子 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『猿早くふわりふわり舞う花よ』 作者: シゲ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ