俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

枯れ立つやまた年明けりゃ伸びし枝

作者 ranran  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

一歳ひとたび枯栄

最新の添削

「枯れ立つやまた年明けりゃ伸びし枝」の批評

回答者 腹井壮

ranranさん、明けましておめでとうございます。はじめまして。

昨年亡くなった金子兜太さんが文語と口語を混ぜる俳句があってもいいと仰っていました。私も詩的な効果があればそれも技術の一つだと思います。
しかし、原句からは技術的な効果が現れていない気がするのです。
理由は句の内容があまりにも理屈っぽいからです。上五の「枯れ立つや」がいいので中七下五に工夫する余地があると思いました。

特に添削案はないのですが参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夕焼けに今日一日の笑顔かな

作者名 シゲ 回答数 : 0

投稿日時:

手花火の尽きるを夏の終わりとす

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 7

投稿日時:

怪しげに何を占う梅雨の月

作者名 松本まゆみ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『枯れ立つやまた年明けりゃ伸びし枝』 作者: ranran
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ